令和2年度全技連マイスター会通常総会開催方式の変更のお知らせ

 新型コロナ蔓延により、総理大臣から緊急事態宣言発布に伴い、来る5月22日(金)に行います表記総会の開催方式を「委任状方式」だけに変更いたします。
 したがいまして、KKRホテル東京での会議方式による総会は行いませんので、ご了解ください。
 なお、全技連マイスター会会員の方々には、下記の通知をお送りいたしましたので、よろしくお願いいたします。
令和2年4月8日
全技連マイスター会会員 各位
全技連マイスター会     
会 長  大関  東支夫
(公印省略)
令和2年度全技連マイスター会通常総会等の
開催方法の変更について

 令和2年度全技連マイスター会通常総会・理事会等につきましては、令和2年4月3日付文書において、同年5月22日(金)、KKRホテル東京にて開催することをお知らせしました。
 しかし、昨日、総理大臣から緊急事態宣言が発布され、また、東京地方の発症率も更に高くなるなど、新型コロナ感染症問題は極めて深刻な事態となっております。
 このため、5月22日(金)に予定しておりました集合方式による総会・理事会・懇親会は行わず、定款第27条に基づく「評決委任」方式のみで実施することにいたしました。
 つきましては、先にお送りいたしました「令和2年度全技連マイスター会理事会及び通常総会」はがきの委任状欄に必要事項を記入し、全技連マイスター会事務局へ、令和2年4月30日(金)までにお送りください。
 なお、すでに出席通知をお送りいただいた会員の皆様については、委任状をいただいたものとして、処理させていただきます。
 ご了解のほど、よろしくお願いいたします。


令和2年度通常総会議案の紹介

 令和2年度全技連マイスター会通常総会の議案の項目は、以下の通りです。
 その内容につきましては、各議案番号をクリックしていただくと閲覧(pdfファイル)が出来ます。
議案番号 議題
挨拶 令和2年度総会会長挨拶
第1号報告 令和元年度事業報告
第2号報告 令和元年度収支計算書・財務諸表報告
第3号報告 令和元年度事業及び会計監査報告
第4号報告 全技連マイスター会事業費助成基準の一部改正
第5号報告 令和元年度全技連マイスター会功労章受章者報告
第1号議決議案 令和2年度事業計画
第2号議決議案 令和2年度収支予算
第3号議決議案 令和2〜3年度役員選任


新型コロナウィルス感染症で影響を受ける事業者支援

(経済産業省がHPで紹介・活用呼びかけ)
 経済産業省は、令和2年3月6日19:00、新型コロナウィルス感染症により影響を受ける事業者向け支援策をHPに公開し(情報は、日々更新)、支援策の周知・活用を呼び掛けています。
 @経営相談、Aセーフティネット保証(貸付要件の緩和)等での5,000億円規模の資金繰り支援、Bものづくり、商業・サービス補助、持続化補助、IT導入補助での設備投資・販路開拓支援、下請け取引配慮要請等による経営環境の整備等 多くの支援策を用意しているとのことです。
 詳しくは、下記リンク若しくはQRコードより経済産業省HP特設ページをご覧ください。
経済産業省 新型コロナウイルス感染症関連(リンク) 

高齢者のための新型コロナウイルス感染症ハンドブック

 国立長寿医療研究センター病院では、高齢者の方、そのご家族の方に向けて「高齢者のための新型コロナウイルス感染症ハンドブック」を公開しています。
 有用な情報と考えますので下記にリンクおよびQRコードを置きます。
高齢者のための新型コロナウイルス感染症ハンドブック(リンク) 


全技連マイスター会事業費助成基準の改正のお知らせ

 本日付で、全技連マイスター会各都道府県支部活動の一層の充実のため、全技連マイスター会事業費助成基準を下記の通り、改正いたしました。
全技連マイスター会事業費助成基準の一部を改正する基準
令和2年3月3日
  1. 全技連マイスター会事業費助成基準(平成27年基準第1号)第3条第2項第1号の次に、以下の号を加える。
      (1)-2 支部助成額の特例
    (1)の規定にかかわらず、支部助成額については、支部設置が全都道府県に及ぶまでの間、都道府県数を支部設置数で除し、その商を、(1)に定める会費収入の四分の一の額に乗じて得た数を上限額とする。ただし、この上限額は小数点以下の端数を切り捨てるものとする。
  2. 平成31年4月1日施行附則の次に、以下の附則を加える。
      附則
      この基準は令和2年4月1日から施行する。
  3.     ※全技連マイスター会事業費助成基準(リンク)
 この改正により、令和2男4月1日から適用される支部助成額は、現行の全技連マイスター会会員1人当たり2,500円のところ、857円増額の3,357円となります。


【令和2年度〜3年度全技連マイスター会副会長・理事候補者の推薦について】

 全技連マイスター会は令和2年5月22日(金)に開催予定の令和2年度通常総会において、令和2年度・3年度役員の改選を行う予定です。
 このため、現任の各役員及び各県技能士会連合会等に、令和2年1月15日期限の役員候補者推薦に関する文書を送付いたしました。
 参考に、各県技能士会連合会に送付した文書を添付いたしますので、会員及び関係者の皆様は、その内容を十分お読みくださるようお願いいたします。

(添付文書)
1.各県技能士会連合会事務局長あて
 「令和2年度〜3年度全技連マイスター会副会長・理事候補者の推薦について(協力のお願い)」
2.全技連マイスター会理事あて
 「令和2年度〜令和3年度全技連マイスター会副会長・理事候補者の推薦について(お願い)」
3.「全技連マイスター会次期役員候補者推薦基準」の流れ図


令和元年 秋の勲章・褒章受章の方々

今年11月、次の会員の皆様は、勲章・褒章授章の栄に浴されました。
これも皆様の日々の精進に賜物であります。
誠に、おめでとうございます。
                            (敬称略)
都道府県お名前職種種別
長野県 湯 本 忠 仁 調理(日本料理)旭双
千葉県 佐々木  勝 菓 子 製 造 瑞単
京都府 金 井 俊 一 和     裁
熊本県 赤 松  章 建 築 大 工
宮城県 佐 藤  信 調理(日本料理) 黄綬
褒章
茨城県 塙  重 徳 家 具 製 作
埼玉県 秋 間 知 子 婦人子供服製造
埼玉県 島 田 浩 一 畳  製  作
千葉県 鈴 木 直 登 調理(日本料理)
東京都 種 澤 邦 勝 家 具 製 作
三重県 谷 本 雅 一 石 材 施 工
香川県 大 川  等 石 材 施 工
愛媛県 深 田 登生男 建 築 大 工
長崎県 川 端  明 調理(西洋料理)
大分県 伊 藤 静 子 フラワー装飾
沖縄県 金 城  清 広告美術仕上げ


令和元年 春の勲章・褒章受章の方々

 令和元年5月、次の会員の皆様におかれましては、勲章叙勲・褒章授章の栄に浴されました。
 これも皆様の日々の精進に賜物であります。
 誠に、全技連マイスター会会員総員を代表して、心から、祝意を申し上げます。誠におめでとうございます。
                            (敬称略)
都道府県氏  名 職     種種  別
群馬県 佐々木 修司 西洋料理 旭 双
新潟県 御代田 精五 和裁 瑞 単
石川県 河端 三郎 内装仕上げ
秋田県 築山 明 日本調理 黄 綬
褒 章
山形県 高橋 良人 婦人子供服製造
静岡県 新貝 晃一郎 布団製造
群馬県 萩原 侯員 建築大工
福島県 宗像 良三 石材施行


令和元年 卓越した技能者(現代の名工)受章の皆様

 今年11月11日、卓越した技能者(現代の名工)として、全技連マイスター会会員のうち、次の方々が厚生労働大臣から表彰を受けました。
 受章された皆様は、全技連マイスター会会員として、卓越した技能により、広く社会一般に、技能尊重の気風を浸透させ、もって、技能者の地位・技術水準の向上に努めてこられました。これも皆様の日々の精進に賜物であります。
 誠に、おめでとうございます。
 今後とも、ご自身の技の練磨とともに、後進の育成にご尽力くださるよう、宜しくお願いいたします。
                                  (敬称略)
都道府県氏  名 職     種都道府県氏  名 職     種
北海道 渡邊 國善 造園 青森県 清水 福治 建築大工
秋田県 田村  功 建具製作 茨城県 佐藤 友昭 石材施工
群馬県 藤橋  登 表装 埼玉県 波多野真寿与 婦人子供服製造
東京都 坂元 勝彦 貴金属装身具製作 富山県 川口  衛 表装
愛知県 矢野 敏平 瓦葺 三重県 伊藤 道治 寝具製作
大阪府 西岡 悦子 寝具製作 大阪府 室田 大祐 調理(日本料理)
福岡県 柴田 玲子 婦人子供服製造 熊本県 品川 正三 和裁
鹿児島県 床次 信也 調理(日本料理)


平成29年全技連マイスター会功労章受章者一覧 (H30.5.25 授与)

   1.金色功労章 (10名)
番号 都道府県 氏   名 住     所 電   話
1 埼玉県支部 横川 讓二 337-0043
さいたま市見沼区中川444‐11
048-685-9950
2 富山県支部 堀田 泰介 939-0542
富山市水橋堅田8
076-478-2835
3 愛知県支部 入口 修三 475-0078
  半田市新池町1‐201‐2
0569-29-0319
4 徳島県支部 漆川 智之 770-8064
徳島市城南町1‐10‐3
088-625-1200
5 愛媛県支部 深田登生男 795-0072
大洲市新谷甲620‐2
0893-25-4176
6 香川県支部 北風 幸男 760-0073
高松市栗林町2-1-26
087-834-0333
7 大分県支部 小野 泰男 870-0879
大分市金谷迫634
097-549-1932
8 鹿児島県支部 有村 則男 899-3305
日置市吹上町今田275
099-296-3445
9 埼玉県支部 石井 朋昌 360-0011
熊谷市池上693-2
048-523-0137
10 東京都支部 三塚 晴司 112-0013
文京区音羽2-1-2-207
03-3942-7946

   2.銀色功労章 (15名)
番号 都道府県 氏   名 住     所 電   話
1 宮城県支部 佐藤  信 989-2458
岩沼市竹の里1-2-10
0223-24-0086
2 秋田県支部 殿村 幸美 018-5601
大館市十二所字下新町8
0186-52-2308
3 山形県支部 中川 清昭 999-3125
上山市金生東2-6-29-11
023-672-2191
4 福島県支部 宗像  正 963-8833
郡山市香久池1-18-14
024-932-2750
5 群馬県支部 生形 英雄 372-0022
伊勢崎市日乃出町643-9
0270-25-8102
6 千葉県 渡辺 三郎 299-5102 千葉県夷隅郡
御宿町久保176-44
0470-68-5880
7 神奈川県支部 阿部 忠悦 246-0032 横浜市瀬谷区南台
2-4-1 南台ハイツB31-304
045-301-2731
8 山梨県支部 川崎 俊和 400-0306
  南アルプス市小笠原877-7
055-283-2617
9 石川県支部 河端 三郎 921-8065
金沢市上新屋7-138
076-249-0664
10 福井県支部 立松 栄治 918-8025
福井市江守中2-401
0776-35-3296
11 静岡県支部 村田 善彦 427-0047
島田市中溝町1680-2
0547-46-3213
12 佐賀県支部 野口  博 849-0915
佐賀市兵庫北5-5-16
0952-30-2543
13 熊本県支部 品川 正三 861-4172 熊本市南区
御幸笛田2-9-28
096-379-0444
14 宮崎県支部 郡司 繁雄 880−0212 宮崎市佐土原町
下那珂11076-3
0985-73-2856
15 沖縄県 桑名 勝俊 598-0044 大阪府泉佐野市
笠松1-7-50-1
072-268-1325



日本版マイスター制度に関する提言

平成29年6月1日、自由民主党政務調査会は「日本版マイスター制度に関する特命委員会 第2次提言」を取りまとめ、同党ホームページで公表をしました。
この提言は、大関東支夫全国技能士会連合会・全技連マイスター会会長及び飯島勇日本内装仕上技能士会連合会会長・全技連マイスター会理事そのほか職人団体、産業界の識者からの12回以上にわたるヒヤリングを重ね取りまとめたものです。特に、技能士の現状や現場実態を踏まえた大関全技連マイスター会会長・飯島同会理事の意見が、提言各項目に多く反映しております。
この提言は、これからのマイスター制度の充実発展を期すうえで、重要な指標となりうるものであり、その内容の多くが日本政府の政策として早期に実現されることを、強く望むものでございます。
 会員の皆様にも、ぜひ提言内容を熟読されることをお願いいたします。
参考 【日本版マイスター制度に関する特命委員会構成員等】
  委員長:菅原 一秀 衆議院議員 事務局長:牧島 かれん 衆議院議員
  出席省庁:厚生労働省(能力評価課長、企業内人材支援室長)、文部科学省、文化庁、経済産業省、中小企業庁、国土交通省、衆議院法制局

「日本版マイスター制度に関する特命委員会 第2次提言」(外部リンク)


事務所

〒162-0844
東京都新宿区市谷八幡町13番地
東京洋服会館 6階
TEL:03-5946-8634 FAX:03-5946-8792